障害年金疑問解消ナビ

障害年金の種類

まずはじめに

障害年金とは、どういうものかご存知ですか?障害年金とは、ケガや病気などで、ある基準以上の障害の状態になった場合に支給される年金のことです。ちなみに、労働災害の場合に支給される年金は、労働者災害補償保険、略して労災保険が適用されますので注意が必要です。

障害年金には、障害基礎年金、障害厚生年金、特別障害給付金の3種類があり、それぞれ受給条件、受給対象者、年金額や受給額が異なります。万一ご自身やご家族などが身体障害者となった場合、上記のうちのどれに該当するのかを確認する必要があります。

また、障害年金を受け取る主な要件としては、保険料を規定された条件を満たすように納付していることと、障害の症状が規定の障害等級に該当することの2つです。保険料の納付確認は、社会保険庁や日本年金気候などで確認し、障害等級は、障害等級表と呼ばれる症状と等級との対応表で確認することができます。

障害年金申請の際には、申請方法と流れについて、知っておく必要があります。まず始めに、障害年金の受給資格や請求の手続きなどについて、相談できる場所を選択する必要があります。さらに、障害年金を請求するために必要な書類には、どんなものがあるのか一通り知っておく必要があります。

特に最初に必要なのが、初診日の証明となる書類です。これは、初診日に担当医師に作成してもらう必要があります。次に、それぞれ申請に必要な書類を入手し、自分で記入し、作成します。そして、必要な書類が全てそろったら、必要な書類一式を役所に提出するのです。

裁定や審査は、平均で約3ヶ月ほどかかります。その結果受理された場合は、振込通知書が指定住所に送られ、障害者自信が指定した振込口座に、初回の年金振込が行われます。

また、身体的な障害だけでなく、うつ病や統合失調症などの精神的な障害の場合でも、症状が認定基準を満たしていれば、受給資格の対象となります。その際、等級などの判定方法としては、日常生活の状況や、日常生活能力などが用いられます。

ちなみに、障害者手帳は、障害年金とは連動していないので、別途申請手続きをする必要があります。